» 肝臓がんの治療セレンクリニック 神戸:がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

用語集

肝臓がんの治療

肝臓がんの特徴

原発性の肝臓がんは年間約4万人の方が発病し、3万5千人が亡くなっています。臓器別死亡者数では、男性では第3位、女性では第5位と、近年増加傾向にあるがんのひとつです。
肝臓がんの特徴は、8割以上の方が慢性ウィルス性肝炎(B型、C型など)や肝硬変をすでに患っていることです。肝切除後でも、ウィルス性肝炎などの影響で、3年以内に約7割の方で残った肝臓内に新たにがんが発生します。
ただし、小さいうちに再発を発見すれば、次の治療によってがんを消失させることも可能な場合があります。このため、治療後も定期的に血液検査や超音波検査・CT・MRIといった画像検査をお受けいただくことが重要です。

肝臓がんの治療法

肝臓がんの治療法には、肝切除、肝移植、穿刺療法(ラジオ波焼灼療法、経皮的エタノール注入療法など)や肝動脈塞栓術があります。
がんが肝臓の一部に限局している場合に最も適した治療法は肝切除です。術前の検査では発見されなかった小さながんも、手術時に発見して同時に切除できる利点があります。
腫瘍の大きさが3cm以下、個数が3個以下といった場合には、切除ができなくても穿刺療法が非常に有効な治療法です。
切除も穿刺療法もできない方は、全肝臓がんの4割程度います。この場合は、肝機能に応じて肝動脈塞栓術などが考慮されます。
ただし4cmを超えるがんでは半数以上で肝臓内の血管などに目に見えないがん細胞が広がっており、肝動脈塞栓術の効果が不十分になりやすいと言われています。
 このような癌では、放射線治療の効果が期待されます。
当クリックグループが提供する『樹状細胞ワクチン療法』は、自身の免疫力を活かしたがん治療であるため副作用が少なく、上記の治療などと併用することにより、より高い効果が期待されます。治療実績も積んでおりますので、直接お問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約