免疫細胞の働き | がん免疫療法・がんワクチン治療なら|セレンクリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

免疫細胞の働き

免疫細胞の種類と役割

おもに免疫を担うのは、血液に含まれる白血球の小さな細胞たち。これらの「免疫細胞」たちは、さらにそれぞれが役割をもって体を守り続けています。治療の仕組みを理解していただくために、主な免疫細胞の働きをご紹介します。

主な免疫細胞

樹状細胞
樹状細胞
異物が体内に入ってきたときに駆けつけてそれを食べ、その異物の特徴(抗原)をリンパ球に教える。
リンパ球
リンパ球
T細胞(Tリンパ球)
T細胞
(Tリンパ球)
樹状細胞から異物の特徴を教えてもらい、それと同じ情報を持った敵を攻撃します。
さらに攻撃力に優れた「キラーT細胞」、攻撃の戦略を立てて指令を出す「ヘルパーT細胞」、過剰な反応を抑える「制御性T細胞」に分かれます。
B細胞(Bリンパ球)
B細胞
(Bリンパ球)
異物を排除するために武器となる「抗体」を作り、同じ特徴を持った異物が入ってきたときに抑え込む働きをします。
ナチュラルキラー細胞(NK細胞)
ナチュラルキラー細胞
(NK細胞)
「生まれながらの殺し屋」という名前の通り、外敵を無差別に攻撃する。
マクロファージ
マクロファージ
異物が体内に入ってきたときに駆けつけて、それを食べ続けて掃除する。
お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約