このサイトに初めて訪れた方へ | がん免疫療法・がんワクチン治療なら|セレンクリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

  • TOP>
  • このサイトに初めて訪れた方へ

このサイトに初めて訪れた方へ

セレンクリニックグループのがん治療

私たちは、同じがんであっても患者さんの一人ひとりの立場や考えにより適切ながん治療は異なると考えています。セレンクリニックグループはがんそのものだけでなく、患者さん、そしてご家族が元気になれるよう精神的、そして社会的側面も考慮したがん医療を提供してまいります。

がん免疫細胞療法 説明会開催中 日程・詳細はこちらから
お問い合わせ/医療相談ご予約

セレンクリニックグループの治療 樹状細胞ワクチン療法

当院では樹状細胞ワクチン療法を用いたがん治療を行っています。樹状細胞ワクチン療法は東京大学医科学研究所の培養技術と大阪大学の特許技術「WT1ペプチド」から生まれた、がんに対する免疫反応を体内で確実に起こす技術です。これらの技術を基に樹状細胞細胞ワクチン療法では世界トップクラスの臨床実績を持ち、国内外の著名な学術誌に掲載され、認められています。樹状細胞ワクチン療法はこれらの実績をもとに日本初の免疫細胞医薬品として保険を目指す技術でもあるのです。

セレンクリニックグループでご相談時におすすめしていること

  • 事前に聞きたいことを整理し、メモを作りましょう
  • 民間保険(生命保険など)や各種制度(高額療養費制度など)の手続き方法を整理しましょう。
  • セレンクリニックグループの治療を実際に開始される際には、主治医には必ずご了解をいただいた上で治療をお引き受けするようにしています。
    そのため、主治医に了解いただくためのサポートもしておりますので、まずは私どもにご相談ください。
  • 治療中の生活において、あなたが大事にしたいことを伝えましょう
  • 今受けている治療と今後の治療予定を具体的に整理しておきましょう。
    (外来または入院なのか、手術、化学療法、放射線治療、あるいはそれらの組み合わせなのかなど)

がんと向き合っていくには、正確な「病名」と「病期」を知ることが大切です。

治療を決めるうえで、例えば肺がんという病名だけでは不十分です。肺がんには性質の異なる数種類の組織型があります。肺の「小細胞がん」、肺の「腺がん」といった詳しい病名まで主治医から聞くことが必要です。がんはこのような分類に従って治療が決定され、また治療の効果に差が出ることが多いのです。同時に、がんの進行の程度を表す病期を把握することも大事です。病期が、0期からⅣ期のどれか、さらに実際にどこにがんがあるのか、どこまでがんが拡がっているのかによって治療方法も異なってきます。