» 蓮見ワクチン療法(ハスミワクチン)| 医創会 セレンクリニック 神戸- がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

  • TOP
  • >用語集>蓮見ワクチン療法(ハスミワクチン)

用語集

蓮見ワクチン療法(ハスミワクチン)

蓮見喜一郎博士ががんのウィルス説に着想して開発した「ハスミワクチン(蓮見ワクチン)」という ワクチンを使う免疫療法です。

免疫細胞ががん細胞を認識する能力と、乱れたがん免疫システムを回復して、がん治療の効き目を向上させようという目的のもと、治療を実施します。

具体的にはがん細胞からがん抗原を分離して、それにアジュバンドという免疫性を強化させる薬、いわゆるがん細胞の抗原性を強める薬を付加して体内にもどし、これによってがん免疫を増強させようというものです。
がんワクチンにはいくつか種類がありますが、 主に「膜抗原型」「ペプチド型」「遺伝子型」の3つに分かれます。ハスミワクチンは「膜抗原型」で、がん細胞から採取した膜を抗原にする方法です。

>>ワクチン療法(がんワクチン療法)

お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約