» 肺がんの治療| 医創会 セレンクリニック 神戸- がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

用語集

肺がんの治療

肺がんの特徴

肺がんは、日本人におけるがんによる死亡数で常に上位(1~3位)となっています。罹患率、死亡率ともに男性が女性を3~4倍上回っており、また性別に関係なく40代後半から増加し始めます。
肺がんは組織型の違いにより、大きく「小細胞がん」と「非小細胞がん」に分けられます。「非小細胞がん」はさらに「腺がん」「扁平上皮がん」「大細胞がん」に分けられます。
肺がんのリスク要因として筆頭にあげられる「喫煙」は、主に小細胞がんや扁平上皮がんのリスクを高めることが知られています。一方、女性の非喫煙者には腺がんの発症が多いことも分かってきていますが、その原因はまだ明らかになっていません。

肺がんの治療

肺がんの治療方針は、がんの型や場所、広がり具合、進行度(転移の有無など)などを総合して検討されます。小細胞がんは基本的に抗がん剤が治療の中心となり、状況に応じて放射線治療も検討されます。手術はごく早期の場合のみで肺がんが見つかった約5人に1人が適応となります。非小細胞がんは早期のうちは手術が第一選択となり、放射線や術後化学療法(抗がん剤)も状況に応じて検討されますが、リンパ節への転移が認められる場合は、抗がん剤が第一選択なったり、手術と抗がん剤の組み合わせが検討されたりします。

期待せれている治療法のひとつに、分子標的薬があります。数年前、肺がんに対する分子標的薬イレッサ(ゲフィチニブ)が、間質性肺炎などの重篤な副作用を引き起こす可能性があるとして、大きく報道されました。その後、がん専門医のもとイレッサが安全に使え効果が見込める人を見極めて投与すれば、非常に良い効果が出ることも分かってきています。2009年に新たな分子標的薬として、アリムタ(ペメトレキセド)が適応となり、予後の改善が期待されています。

この様な中、肺がもともと持っている免疫力を回復、維持することで、免疫によるがんへの攻撃力を強め、薬物療法との相乗効果も期待できる免疫療法(樹状細胞ワクチン療法)も、肺がんに対して高い治療効果が望めるのではないかと考えられています。

お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約