» 温熱療法| 医創会 セレンクリニック 神戸- がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

用語集

温熱療法

温熱療法は、がん細胞が正常細胞と比べて熱に弱いという性質を利用し、がんの局所に電磁波等を当てるなどして熱を加え、がん細胞を死滅させようとするがん治療法です。

がん細胞が正常細胞よりも熱に弱いことを利用した治療ですが、体も適度に温まり、免疫力を上昇させます。また、樹状細胞の働きを促進し、がん細胞の認識力を高めると報告されています。免疫力を保ちながらがんを標的とするというがん治療戦略に合致する治療法です。また、これまで、温熱療法と低用量の抗がん剤治療の併用でよい治療成績が報告されています。

歴史は古く、1960年代から本格的な研究がはじめられました。 温熱療法には全身温熱療法という全身を加温する方法と、 局所温熱療法というがんの周辺を加温する方法があります。 一般的には、局所温熱療法がよく使用される方法で、 マイクロ波や電磁波を用いた装置でがんの周辺を温めます。

国内では装置の普及が進み、全国の多くの病院に導入されています。1996年4月から、それまで限定的であった保険も全面適用となりました。

温熱療法ががんの治療法として第一に選ばれる状況は、まだ限られていますが、標準治療には至っていないものの、科学的根拠があり多くの改善例が認められてる免疫細胞療法などと併用することにより、より効果が期待できると考えられています。

お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約