» 樹状細胞とは| 医創会 セレンクリニック 神戸- がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

用語集

樹状細胞とは

特異的免疫療法で注目される「樹状細胞」とは

がんの「印」である「がん抗原」が明らかになったことで、免疫システムにおいてにわかに重要視されるようになったのが、「印」を認識する「スパイ役」である樹状細胞です。 樹状細胞が発見されたのは1970年代とされています。樹木の枝のような突起がいくつもある形態をしているため、このように名付けられたものの、その働きについてはほとんど分かっていませんでした。しかし年代を追うごとに、免疫システムにおいて敵を認識するという重要な役割が明らかになり、さらに「がん抗原」の発券により最先端のがん治療を語る上で欠かせない存在となったのです。 樹状細胞そのものにはがん細胞をやっつける力はほとんどありません。しかし、がん抗原を取り込んで、他の免疫細胞に「これが攻撃する相手の目印ですよ」と教える大切な役割をもっています。これがうまく機能しなければ、がん細胞を特異的に攻撃することは出来ません。
この機能を応用したがん治療のひとつが、当クリニックが提供する「樹状細胞ワクチン療法」です。

好中球、NK細胞、マクロファージや樹状細胞が、最前線で敵(細菌やウィルスなど)の体内への侵入を抑えると同時に、がん細胞を食べた樹状細胞やマクロファージ(特に樹状細胞が重要)は、リンパ球が待機しているリンパ節に移動し、細胞内で消化したがん細胞の断片の中で大事な「がんの目印(がん抗原)」を自分の細胞表面に掲げ、T細胞に教えます。がんの目印についての情報を持たないリンパ球に、がんの目印を教えるのです(抗原を提示する、という言い方をします)。その働きのため、樹状細胞は「プロフェッショナル抗原提示細胞(がんの目印をTリンパ球に教える細胞)」とも呼ばれます。

免役の仕組みの中で、樹状細胞はがんができたら、まず駆けつけて食べてしまう「見張り役」、そしてその後リンパ球を教育する「司令塔」のような役割を演じているのです。樹状細胞は、自然免疫と獲得免役の「橋渡し役」と言えます。

樹状細胞が細胞表面でがんの目印をのせる「器」には2種類あります。HLAクラスIとクラスIIです。一方、がんの目印を樹状細胞から教えられるT細胞も、CD8とCD4という2つのグループに分かれています。

CD8T細胞は、HLAクラスIという器に入っているがんの目印を覚えて、この目印をもった細胞をがん細胞として攻撃します。このようなT細胞を細胞傷害性T細胞(CTL)と呼びます。CD4T細胞はHLAクラスIIという器に入ったものをがんの目印として記憶し、がん細胞を見つけるとインターフェロンガンマやインターロイキン2というサイトカインを放出します。これらのサイトカインは、いわば「CTLの栄養分」です。サイトカインは、体内の細胞(主に免疫細胞)によって作られる、生理活性をもったタンパク質の総称であり、ホルモンのようなものです。

CTLはインターフェロンガンマやインターロイキン2といった「栄養」を摂取して元気になり、がん細胞をやっつけに行けるのです。このような働きをするT細胞を、ヘルパーT細胞と言います。これはいわばCTLの後方支援をする役目を負っています。

司令官である樹状細胞は、兵士であるT細胞へがん細胞の目印を教育するために必要な環境を作ります。これは自然免疫系のサイトカインであるインターロイキン12やインターロイキン18になります。これら自然免疫系のサイトカインに対し、インターフェロンガンマやインターロイキン2は獲得免疫系のサイトカインと言います。

つまり教官が兵士たちに敵の情報を教えようとしても、真夏のクーラーもない部屋で食事もとらずに授業をやったのではいくら優秀な兵士でも、学ぼうとするモチベーションが保てません。兵士たちの学習意欲を向上さえ、より優秀な兵士に育てるために必要な教室の環境作りを整えるのが、自然免疫系のサイトカインなのです。自然免疫系の先行的活性化があって、はじめてそれに続き起こる反応である獲得免疫系が正常に発動するのです。

一方B細胞は「がんの目印」を覚えると、ヘルパーT細胞の後方支援により活性化し、がんの目印だけに結合する抗体を作って、がん細胞を攻撃します。一般的には、がん細胞を攻撃することにおいて、B細胞が作る抗体よりもCTLの方が中心的な任務をもって働いていると考えられていますが、抗体が中心になってがんを治したとする報告もあります。

このような獲得免疫反応は、がんの目印をしっかり覚えて狙い撃ちするために「特異的免疫」と呼ばれます。その中で中心的な役割を担っているのが樹状細胞なのです。樹状細胞は「自然免疫と獲得免疫の架け橋」と呼ばれており、人間の持つ免疫のしくみにおいて極めて重要な役目を果たしていると言えます。

樹状細胞ワクチンのしくみと種類ページへ

お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約