» 抗がん剤の副作用| 医創会 セレンクリニック 神戸- がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

用語集

抗がん剤の副作用

『抗がん剤』とは

がんに対する薬物療法で使われる代表的なものが「抗がん剤」です。抗がん剤と分子標的薬を合わせて「化学療法」といいます。薬物療法には他にも増殖がホルモンに依存するがん種に対しては、ホルモン剤による治療法もあります(ホルモン療法)。

現在、抗がん剤は100以上の種類があります。投与方法は経口(飲み薬)、点滴、注射など薬によってさまざまあり、投与量や機関もそれぞれ異なってきます。近年は新薬の開発も進み、2剤以上を組み合わせて投与する薬物併用療法の研究が盛んになっています。

抗がん剤は、体内に投与されると血液にのって全身をめぐり、あちらこちらにあるがん細胞を攻撃します(抗がん剤を病巣に直接投与し、局所に効かせるような治療法もあります)。白血病や悪性リンパ腫など、いくつかのがんは抗がん剤がたいへんよく効き、治癒にまで持ち込むことが可能です。しかし、ほとんどのがんに対しては、活発に増殖しようとするがん細胞の勢いを止める作用はあるものの完全にがん細胞を殺すところまではいかないのが現状です。

抗がん剤治療は、基本的にがんを縮小させ、病気の進行を遅らせることで延命したりがんによる痛みなどの症状を緩和したりすることが目的となります。

抗がん剤の副作用

抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常な細胞にもダメージを与えるので、多かれ少なかれ副作用を伴います。
もちろん副作用の内容や程度には個人差があり「副作用があると言われてびくびくしていたが、思っていたほどではなかった」という人もいれば、途中で休んだり、量を減らしたりしないと耐えられない人もいます。

主な抗がん剤の副作用には、脱毛や吐き気、しびれなどがありますが、こうした自覚症状だけではありません。白血球が減少するなど、自覚はないものの体の内部にも副作用が生じます。おもな免疫機能を担っている白血球が少なくなると、感染症にかかりやすくなるなど、いわゆる「抵抗力」が落ちてしまうと考えられます。
近年は副作用を緩和する薬も進歩しており、以前より抗がん剤によるつらい吐き気や悪心をコントロールできるようになっています。
当クリニックが提供する「樹状細胞ワクチン療法」は患者さまご自身の細胞を使用し、がん細胞を「狙い撃つ」がん治療です。そのため、この治療法は、正常細胞に対する影響が少なく、副作用はほとんど観察されません。

お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約