» 免疫療法の基礎知識| 医創会 セレンクリニック 神戸- がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

用語集

免疫療法の基礎知識

免疫療法とは?

三大がん治療は、外科治療、放射線治療、化学療法です。 これにつづく『第4のがん治療』として注目されているのが免疫療法です。 私たちのからだの中には、白血球という免疫を担う細胞がいます。免疫細胞には、樹状細胞、マクロファージ、NK細胞、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞、レギュラトリーT細胞、B細胞など多くの種類があり、日々からだの中の異物を排除しています。がん細胞もこれら免疫細胞の排除対象になります。健康な人でも、毎日おおよそ5,000個もの細胞ががん化しているといわれています。しかし、がん細胞のほとんどは、NK細胞、好中球等の免疫細胞が排除するため、コロニーを形成するまで増殖しません。

免疫療法と三大がん治療を組み合わせる

こうした免疫のしくみを利用したがん治療が、「免疫療法」です。患者さまが元来持っている免疫力でがん治療を行うため、抗がん剤などの化学療法や放射線治療などと違い、副作用はほとんど見られません。 現在、 がん免疫療法には、がんだけを狙い打つ「特異的免疫療法」と非特異的な免疫力を高め、免疫力の底上げをして抗腫瘍効果を期待する「非特異的免疫療法」があります。 特異的免疫療法には、樹状細胞ワクチン療法、ペプチドワクチン療法、TIL療法、並びにCTL療法などがあります。非特異的免疫療法には、LAK療法、NK細胞療法などがあります。 免疫療法単独で、がんを完治させるほどの治療効果は、得にくい場合もあるため、いくつかの免疫療法を組み合わせたり、三大がん治療である手術・抗がん剤・放射線治療と組み合わせて、高い抗腫瘍効果を目指します。

健康保険の対象ではないため費用がかかる

樹状細胞ワクチン療法などの免疫療法を受けるには、クリニック、大学病院などが実施する臨床試験への応募、先進医療制度を利用する、などがあります。免疫療法の多くが新しいがん治療であるため、一般の病院では受けることができません。また多くの免疫療法は健康保険で認められたがん治療ではないため、基本的に費用は全額自己負担になります。

>>免疫細胞療法の特性ページへ
>>からだを守る「免疫」のしくみ
>>免疫とがんの深い関係
>>免疫療法のメリット

お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約