» 免疫療法のメリット| 医創会 セレンクリニック 神戸- がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

用語集

免疫療法のメリット

三大がん治療

現在、一般的に行われているがん治療は、外科治療、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療の3つで、これらは、総称して “三大がん治療(標準治療)”と呼ばれています。これらのがん治療は、科学的根拠(エビデンス)に基づいて実施されます。定期検査などでがんを発見されると、これらのいずれか、もしくは組み合わせでまずはがんを治療します。しかし、それぞれの治療に限界や問題点もあるため、新しいがん治療法も必要だと考えられています。

【外科治療】
最初にがんが発生した部位(原病巣)と、そこから転移した部位(転移巣)の両方を対象に、がん組織をメスで切り取る治療法が外科治療(手術)です。血液がんを除くほとんどのがんに対して行われます。がんを完全に取り除く根治手術は、早期に発見された場合に可能ですが、進行・再発した患者さんでは、すべてのがんを取り除くことは難しく、からだの中にがんが残ってしまうことも少なくありません。治癒を目指すものではなく、症状改善などを目的に行われる非治癒手術(姑息手術)もあります。

【放射線治療】
X線やガンマ線といった放射線は、細胞が持つDNAに作用し、破壊します。DNAが破壊された細胞は、増殖することができません。これを利用したがん治療が放射線治療です。近年ではがん細胞だけに放射線を照射する方法が開発され、正常な細胞にできる限りダメージを与えないことが可能となっています。
放射線治療は、手術など外科治療でがんを切り取る場合、重要な機能まで失う恐れがある時(特に、舌がん、喉頭がん、乳がん、脳腫瘍など)に選択されることが多く、それ以外にも白血病など、手術ができない血液がんでも使用されています。また、手術後の再発や転移予防のために使われることもあります。
最先端の放射線治療であっても、正常な細胞へのダメージをゼロにすることはできず、少なからず副作用が出る場合もあります。そのため、照射できる放射線の量には制限されます。放射線治療だけでがんと闘うことは難しい場合も多く、その場合は、化学療法など、他の治療法と併用になります。

【化学療法】
化学療法とは、抗がん剤を用いてがん細胞を攻撃したり、その増殖を抑えたりする治療法です。がんの早期段階では、がんは特定の部位に存在していますが、しばらくするとがんが転移してしまうことがあります。この場合、各部位ごとに治療する外科治療や放射線治療では十分な成果を得ることが難しいと考えられます。化学療法は、抗がん剤がからだ全体に行き渡るため、散らばったがんであっても治療効果が期待できます。抗がん剤は正常な細胞まで傷つけてしまうことも多々あるため、激しい副作用を伴う場合もあります。

免疫療法のメリット

三大がん治療に加えて、近年”第4のがん治療”として注目されているのが「免疫療法」です。これまでで説明したように、免疫とは、からだの中に侵入した異物と闘うために、誰もが生まれながらに備えている能力です。この能力を最大限に高め、がん治療に役立てるものが、免疫療法です。

三大がん治療は、外部からの力(手術・放射線・抗がん剤)を借りてがんを治療するのに対し、免疫療法は、本来からだが持っている免疫力(免疫細胞)を活かして、がんと闘うため、辛い副作用で苦しむことは、ほとんどありません。これが免疫療法のメリットです。

近年、免疫療法の中には、大学や医療機関で研究されているものもあり、さまざまな臨床試験も進んでいます。米国では、デンドリオン社のProvenge(sipuleucel-T:免疫細胞である樹状細胞を使用した免疫療法剤)が米国食品医薬品局(FDA)から認可されています。また、切除不能のメラノーマに対する治療薬として、イピリムマブ(完全ヒト抗CTLA-4抗体製剤;Bristol-Myers Squibb社)をFDAが承認したと発表されています。

>>免疫細胞療法の特性ページへ
>>からだを守る「免疫」のしくみ
>>免疫とがんの深い関係

お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約