» 『がんワクチン治療』について| 医創会 セレンクリニック 神戸- がん免疫療法 “樹状細胞ワクチン療法” クリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

用語集

『がんワクチン治療』について

近年注目されている免疫療法のひとつに、がんワクチン治療があります。
では、なぜ注目されているのでしょうか?

その理由は、
① 副作用が少ない。
② 手術、抗がん剤治療、放射線治療(三大がん治療)と比較して、がんに対する攻撃メカニズムが大きく異なる新しいがん治療であり、三大がん治療が効かないと判断されたがん患者さまにも、治療効果が期待される可能性がある。

という2点です。 がんワクチン治療には、以下の2種類があります。

【1】ペプチドワクチン治療

人工的に合成したがんの目印(人工がん抗原:多くの場合は、タンパク質よりももっと小さいアミノ酸が連結した「ペプチド」というものを使用。)を患者さまに投与して、体内でがんを狙い撃ちするリンパ球や抗体を作らせるがん治療法です。

患者さまの体内に注入されたペプチドは、体内の樹状細胞に取り込まれて、樹状細胞からリンパ球にその情報が伝達されます。情報を伝達されたリンパ球ががん細胞を狙い撃ちで、攻撃します。また、「ワクチン」のため、がん抗原の記憶がリンパ球に残り、抗腫瘍効果が長期間期待できます。「樹状細胞を培養する必要がなく、患者さまの負担が小さい」という利点がある一方、「体外で大量に培養した樹状細胞にがん抗原を取り込ませて体内に投与すれば、より治療効果は高くなるのではないかえられるのでは?」という意見もあるため、現在も多くの研究が進められています。

【2】樹状細胞ワクチン療法

体外で大量に作製した樹状細胞にがん抗原を与えて、患者さまの体内に戻して特異的免疫反応の活性化によって、抗腫瘍効果を期待するがんワクチン治療です。

>>がんワクチン治療「ペプチドワクチンとバクセル®」の違いページへ
>>ワクチン療法(がんワクチン療法)

 

お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約