特許技術「WT1ペプチド」| がん免疫療法・がんワクチン治療なら|セレンクリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

特許技術「WT1ペプチド」

樹状細胞ワクチン療法は"どこも同じではありません" ~ 大阪大学の特許技術「WT1ペプチド」

「がんの目印」として、ワクチン作製に用いるのが、人工抗原(ペプチド)です。 実際に樹状細胞ワクチン療法を受ける場合、どの「がんの目印(抗原)」を用いるかが特に重要です。 なぜなら、免疫ががん細胞を攻撃する際、どの目印を攻撃するか、が非常に重要だからです。つまり、より効果的な目印を使うかどうかで、がん細胞に対する攻撃力が左右されると言えるのです。

人工抗原(ペプチド)の種類は無数にあります。がん免疫療法は色々な医療機関で行われていますが、セレンクリニックグループでは、大阪大学の特許技術の「WT1ペプチド」という人工抗原を使用することができます。この大阪大学の「WT1ペプチド」は、WT1の一部を改変して、がん治療に最適化されているので、より強力ながん免疫を誘導することができます。

以下の表は、2009年に米国の権威ある学会誌「Clinical Cancer Research 」に掲載されたペプチドの順位表です。ここで「WT1」は、世界の専門家により最も優れていると評価されたのです。 この人工抗原は大阪大学の特許技術なので、セレンクリニックグループをはじめとする限られた医療機関でしか治療に使用することができません。

<この「WT1ペプチド」は、どのようながんの種類にも用いることができる、というメリットがあります。
※一部の血液がんでは使用できません。

いま、人工抗原「WT1ペプチド」を用いた樹状細胞ワクチン療法は、世界で最も期待されているがんワクチン治療、特異的がん免疫療法として注目を集めています。

WT1ペプチドの各がん種における発現率

東京慈恵医大が報告した新しい「WT1クラスIIペプチド」を導入

当院では2014年10月より、新しいWT1クラスIIペプチドも導入しました。WT1クラスIIペプチドは、ヘルパーT細胞も活性化することで、キラーT細胞をより効果的に活性化させて、強いがん免疫を誘導します。東京慈恵医大は、このペプチドを用いた樹状細胞ワクチン療法の臨床試験において、膵臓癌に対して良好な結果を報告しています。

>詳細はこちら(テラ株式会社のリリースが表示されます)

ほぼ全ての患者様がWT1を使用可能

セレンクリニック神戸では、ほぼ全ての患者様にWT1ペプチドを提供することが出来るようになり、「誰にでも適用できるWT1」が実現しました。

お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約

がん免疫細胞療法 説明会開催中 日程・詳細はこちらから