人工抗原樹状細胞ワクチン療法 | がん免疫療法・がんワクチン治療なら|セレンクリニック

がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

人工抗原樹状細胞ワクチン療法

人工抗原樹状細胞ワクチン療法とは(特異的がん免疫療法)

使用する人工抗原には、権威ある米国がん研究関連雑誌である「クリニカル キャンサー リサーチ」でがん抗原として最も優れていると評価された「WT1」の一部である「WT1ペプチド*」をはじめ、個々の患者さまのがんの種類や血液検査、組織検査などの指標に基づいて、数種類の中から選択して使用します。

*「WT1ペプチド」はあらゆる癌に使用できます。「WT1ペプチド」を用いた樹状細胞ワクチン療法は、樹状細胞ワクチン療法の研究開発企業であるテラ㈱が独占実施権を保有している為、セレンクリニック神戸をはじめとした、テラ㈱提携医療機関のみで受けられる治療です。

ご用意いただくもの

人工抗原樹状細胞ワクチン療法を受けられない患者さまには、局所樹状細胞ワクチン療法または活性化リンパ球療法をご検討いただけます。

人工抗原樹状細胞ワクチン療法の特徴

  1. 人工的に合成したがんの目印(人工抗原)を使用した、がんワクチン治療です。
  2. 人工抗原の型が患者さまの白血球の血液型に適合する場合に対象になります。
  3. ほぼ全てのがん治療(手術、抗がん剤、放射線療法、緩和医療、など)と併用が可能です。
お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約

がん免疫細胞療法 説明会開催中 日程・詳細はこちらから